ねぎしかずこ根岸 加寿子

中学校にもあったかい給食を戦争立法NO!
日本共産党横須賀市議会議員
未分類

ジョージ・ワシントンが母港となってから4年が経った日に、横須賀市会議員の有志が、米軍と国に要望書を提出

2012年9月26日

昨日、 玄葉 光一郎 外務大臣と ダン・クロイド在日米海軍司令官あてに、横須賀市議会議員  井坂 新哉議員、大村 洋子議員、藤野 英明議員、山城 保男議員と私、ねぎしかずこの
5名の連名で、原子力空母の安全性と安全対策に関する以下の要望書を提出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本日9月25日は、原子力空母ジョージ・ワシントンが、米海軍横須賀基地に入港し、母港とした2008年9月25日から4年が経過した。

2010年11月には、液体を含む油漏れ事故を起こしている。幸いにも放射性物質を放出するような事故には至らなかったものの液体の特定や漏れた量、漏れだした原因などがまったく究明されていない。今後、原因究明を行い公表するとともに事故防止のための対策を強化する必要がある。

また、この4年の間に、半年にわたるメンテナンス作業を4回行い、2011年のメンテナンス作業の途中で東日本大震災に見舞われた。この時は、放射性物質が漏れ出すなどの事故は報告されなかったが、艦船が大きく揺れ、あわや大惨事になる可能性も指摘された。

 一方、昨年2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、福島第一原子力発電所が事故を起こし、日本及び国際社会は甚大な被害を被った。とりわけ、原子力事故に対する日本政府の対応によって、多くの日本人が被ばくしたことは、世界中からも批判された。これまでの歴代政府が振りまいた安全神話の下、原子力事故に対する対応が不十分だったことや地震の多い日本列島に原子力発電所を設置するという世界の常識からも外れた原子力行政の転換を求める「原発ゼロ」の世論が、圧倒的多数となっている。

そのような中、我が横須賀市においても原子力に対する市民の不安が大きくなっており、とりわけ市民が不安に感じているのは、「仮に東日本大震災と同規模の震災が横須賀市を見舞った場合、原子力空母ジョージ・ワシントンの原子力機関の安全性は確保されるのかどうか?」という点である。

 この問題については、横須賀市長が昨年4月に米大使館から書簡をもらっているが、ほぼ、ファクトシートと同じ内容であり、安全性を証明したものとは言えない。特に巨大地震や津波に対する防災対策については説明が不十分である。

先日、新たに南海トラフ地震での被害予想も出されたことや原発事故の調査報告書なども出ていることなど、新たな状況を踏まえた上で、改めてその安全性と安全対策を講じ、そのことを市民に説明することが急務である。

よって、以下の項目について日本政府、並びに米海軍においては早急に対応するよう求めるものである。

・ 震災に対する最新の知見を集め、原子力推進機関の安全性確保のために必要な対策を全て講じること。また、横須賀市民の安全を確保するための施策を検討し直すこと。

・ 横須賀市民が原子力空母の安全性について確証を持てるだけの十分な情報を公開すること。

・ 東日本大震災後に起きている新たな状況を踏まえ、原子力空母の安全性について改めて市民に説明すること

 上記の対応及び本要望書への回答を求めるものである。

以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(英訳)

To: Rear Admiral Dan Cloyd, Commander, U.S. Naval Forces Japan

Mr. GENBA Koichiro, Minister of Foreign Affairs, Japan

From Yokosuka City Councilpersons:

ISAKA Shinya (Mr.)

OHMURA Yoko (Ms.)

NEGISHI Kazuko (Ms.)

FUJINO Hideaki (Mr.)

YAMASHIRO Yasuo (Mr.)

Date: September 25, 2012

Re: Request concerning Safety Measures for the USS George Washington (CVN-73)

As of today, four years have passed since the USS George Washington entered the U.S. Naval Base in Yokosuka as its homeport on September 25th, 2008.

In November 2010, an oil leak occurred from the CVN that included some kind of additional liquid. Fortunately, this accident did not involve the release of radioactivity into the environment. However, the liquid has not been identified, and neither the amount nor the cause of the leakage have been disclosed.

We urge in the strongest possible terms that a thorough investigation be conducted regarding the causes of this accident, with the findings subsequently disclosed and measures strengthened in order to prevent such an accident from occurring again in the future.

The George Washington underwent six-month maintenance operations four times during the past four years, and it was during one such instance that the Great East Japan Earthquake occurred in 2011. Although no serious damage or release of radioactivity was reported, the ship was said to have shaken extremely hard. In reality, a serious disaster could indeed have occurred at this time.

Meanwhile, the severe earthquake and tsunami caused the Fukushima Daiichi nuclear disaster, which has caused immense damage not only to Japan, but to the international community as well. The Japanese government has also been criticized for its poor management following the accident, when many people in Fukushima and neighboring areas were exposed to radiation. The “safety myth” of nuclear power has unfortunately been advocated by successive governments, even though it lies completely outside the realm of common sense to build nuclear plants on this earthquake-ridden archipelago. Becoming awakened to the seriousness of this issue, the overwhelming majority of Japanese people are now demanding that the government change its energy policy in order to completely eliminate nuclear power.

Within this social context, the citizens of Yokosuka have also become increasingly concerned about nuclear power. Specifically speaking, their anxiety lies in whether the safety of the nuclear reactors installed in the USS George Washington will truly be secured in the event that another massive earthquake strikes Yokosuka.

WhileYokosuka City Mayor YOSHIDA Yuto received a letter from the U.S. Embassy in April last year on this matter, it merely included a fact sheet regarding the safety of nuclear-powered vessels that was similar to the one presented to the Japanese government in 2006—well before the 2011 disaster. The correspondence did not explain any comprehensive preventive measures to be taken against large earthquakes or tsunami, and thus did not truly prove the safety of the CVN.

Based on new damage estimates from a possible Nankai trough quake, as well as a recently published research report on the Fukushima nuclear accident, it is urgent that detailed safety measures for the USS George Washington be explained to local citizens. Accordingly, we respectfully urge both the Japanese government and the U.S. navy to undertake the following as soon as possible:

l Gather the most recent information on earthquakes, take all necessary measures for safety of nuclear propulsion facilities, and review measures to secure the safety of Yokosuka citizens;

l Disclose sufficient information to reassureYokosuka citizens regarding the safety of the CVN;

l Issue a new account of the safety of the CVN to Yokosuka citizens in light of new observations following the Great East Japan Earthquake

We eagerly await your response, and we thank you very much in advance.

新着記事

PAGE TOP