ねぎしかずこ根岸 加寿子

中学校にもあったかい給食を戦争立法NO!
日本共産党横須賀市議会議員
原子力空母の防災対策

東日本大震災から3年のきょう、市議団そろって訴え

2014年3月11日

横須賀の市営住宅にも避難しているかたがおられますが、現地の災害復興公営住宅の整備状況は3年経っても、計画戸数の1割です。
4月からの消費税増税やアベノミクスによる建材資材の不足や高騰などが復興の妨げになっていると言われており、そんな政治を変えるために頑張る決意を述べました。

また、原発ゼロを切望している大多数の国民に挑戦するかのように再稼働に前のめりになっている安倍政権、そして横須賀では、原子力艦災害対策の見直しがされていないにもかかわらず、原子力空母の交代(ジョージ・ワシントンからロナルド・レーガンへ)の要請を受け入れ母港を続けようとしている吉田市長の姿勢を問いました。

新着記事

PAGE TOP