ねぎしかずこ根岸 加寿子

中学校にもあったかい給食を戦争立法NO!
日本共産党横須賀市議会議員
安保・基地・米兵犯罪 消費税増税は中止しかない 秘密保護法・撤廃

国の悪政を転嫁する市政に今年も立ち向かいます

2014年2月2日

20140202_121835

今年も早や2月となりました。
この間、新年会など、あちこちで、いろんなおかたから、お話を伺いました。
が、アベノミクスとやらで恩恵を受けたかたなど、ひとりもいませんでした。

逆に、年金が下げられ、物価は上がり、介護環境も悪くなる、その上、消費税が実施されたらどうなってしまうのか、と怒るかたがほとんどでした。

きょうは、文化会館の会議室を使っての、ある文化団体の総会に、その一会員として出席しましたが、この文化団体では、もう経費削減の努力も限界ということで、次々年度からの会費の値上げが提案されました。

市長は、公共施設の使用料について、5%から8%となる消費税の3%上乗せ分を加算した額に改定して今年の4月から実施するという値上げ案を、昨年末の市議会に提案してきました。
私達日本共産党はこの議案に反対したものの、賛成多数で可決となりました。
http://www.jcp-yokosuka.jp/archives/1185

これでは、ますます、文化団体の運営にしわ寄せされることになるでしょう。

DSC01104

基地のまちこそ影響を受ける秘密保護法の撤廃など、国政と市政双方に目を向けながら、今年もがんばります。
http://www.jcp-yokosuka.jp/archives/1152

新着記事

PAGE TOP