ねぎしかずこ根岸 加寿子

中学校にもあったかい給食を戦争立法NO!
日本共産党横須賀市議会議員
安保・基地・米兵犯罪

5月30日、米海軍横須賀基地前で、相次ぐ米兵犯罪に抗議。今度は盗撮

2013年6月1日

201300530DSC_0003ab

はたの君枝・日本共産党参院神奈川選挙区予定候補、斉田道夫・党県委員会基地対策委員会責任者とともに。

5月28日には、市からの報告によれば、ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米海軍人による神奈川県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)被疑事件が発生しましたので、その概要について下記のとおり報告します。
また、平成25年5月26日(日)、横須賀市グリーンハイツで発生した米海軍人の死亡事故について、平成25年5月27日(月)、基地対策課長が南関東防衛局に赴き、新聞等により報じられた事実関係の確認を依頼したところ、平成25年5月28日(火)、南関東防衛局から捜査当局等への調査の結果、当該事案については、事件性は無い、との回答がありましたので、併せて報告します。

1.発生日時
平成25年5月28日(火)午前8時18分から午前8時20分ごろ
2.発生場所
京急バス車内
3.被 疑 者
米海軍第7潜水艦群所属 三等兵曹(22歳)
4.概 要
被疑者は平成25年5月28日午前8時18分ごろから同日午前8時20分ごろまでの間、上記バス車内において、立って乗車中の被害者の足下にカメラ付き携帯電話を置くなどしたもの。
5.用務経過
・平成25年5月28日(火)午後2時40分、南関東防衛局から基地対策課に第一報
6.対 応
平成25年5月28日(火)午後3時15分に米海軍横須賀基地司令官に対し,沼田副市長より、別添のとおり文書にて要請を行った。
米海軍横須賀基地司令官からは、市の要請は受け止めた、米海軍としてもこのような事件が起きていることは大変、遺憾である。今後も引き続き再発防止に努めたい旨の回答を得た。

平成25年(2013年)5月28日
米海軍横須賀基地司令官
デビッド A.オーウェン大佐 様
横須賀市長 吉 田 雄 人
米海軍人による事件について(要請)
本日、米海軍人による神奈川県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)被疑事件が発生しました。
5月5日には、本市吉倉町で住居侵入被疑事件が発生し、5月12日には逗子市で建造物侵入被疑事件が発生しています。
本市といたしましては、このような事件が連続して発生したことについて、誠に遺憾であり、米海軍が実効性のある再発防止策を講じているのか疑問を持たざるを得ません。
米海軍におかれましては、今後このような事件が起こることがないよう、厳格な規律保持と再発防止のために、真に実効性のある取り組みを行うよう、強く要請します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(以上、市からの報告)

5月26日のグリーンハイツの件を除いても、今年に入って9件(7人)の米兵犯罪が起こっています。

表にしてまとめてみました。①から⑧件まで、9件中8件で飲酒反応が検出されています。
①と②が痴漢、⑤が強制わいせつ、⑨が、バスで通学中の女子高生が立っている下に携帯を置くという盗撮、と、女性に対する犯罪が9件中、4件です。

EPSON MFP image

基地外居住をしていた米兵は③と⑨です。グリーンハイツの件は調査中ではありますが、
なぜそんなことになったのか、「事件性は無い」との国の回答ですが、調査と情報が明らかにされなければ、不安は到底解消されません。少なくとも、基地外居住の怖さが示されるものです。

今回の市長の対応も、あくまで「要請」であり、「抗議」しようという姿勢は見られません。

新着記事

PAGE TOP